「慢,才是智慧」

很多事情,

你越是着急,越是成不了事。

虽说快是效率,但慢才是智慧。

从古到今,

那些真正厉害的人,从来都不着急。

“路漫漫其修远兮”,

人生求知之路漫长且无止境, 从容前行是智慧。

「身近な素晴らしさに気づく」

多くに方々の傾向として(私も)、遠方の旅行へ力を入れ、高価な旅行代金を払ったうえ、できるだけ万端の準備をしておくことに、時間をかけてたりして、、、

一方、住んでいるところの近場にある施設や観光地に、意外と行かないもの。

・日本に来てから、ふるさとの中国に関することに聞かれたときに、「もっと中国のことをしっておけば良かった」と思う。

・関西に長年に住んでいて、圏外の方々に関西を案内しようとするときに、「もっと案内できるよう、近場の名所やお勧め場所を知っておけば良かった」と思う。

・長年のパートナーがいなくなって、「もっと一緒にいるときに、心や体のケアをしてあげれば良かった。ほかの方にない、配偶者のならでは素晴らしい価値の中身を知っておけば良かった」と思う。

いつでもできるという油断から、結局いつになっても実施できていない。

人間って、3日にしか生きていないという。昨日、今日、明日。

どなたの素敵な言葉の如く:「今日とは、昨日亡くなった人にとっては、どんだけ行きたいと願った明日。」

今日、生きているだけでも恵まれていると思い、そして恵まれている環境に甘んじないで、遠いところの素晴らしさと同様に、身近な素敵さにも気づきたい。

今朝、家から出発し、1時間以上に歩いた。途中、たくさん発見があった。歩けるだけでも幸せに思った。さらに言えば、今日一日、生きらせて頂くだけでもありがたく思う。

死の別称(中国語)

隕落(Yun3 Luo4)偉人の死

就義(Jiu4 Yi4)戦士の死

犠牲(Xi1 Sheng1)英雄の死

見背(Jian4 Bei4)目上の方の死

登仙(Deng1 Xian1)高齢者の方の死

園寂(Yuan2 Ji4)尼僧の死

大折(Da4 Zhe2)短い命の死

「喜怒哀楽」との付き合い方

喜怒哀楽のるつぼの中にあって、ドロドロした人間のいやらしさに苦しむ、悩む。でも、そんなこといちいち気にしていては自分がみじめになってしまう。

思い切り喜怒哀楽を受け止めて、あとはケロリと流して生きる知恵を身につけるよう努力したいものです。

「死を主とすれば」

生を主として考えると、

一日の生存はそれだけで、

定命を減らしていくことになり、不安となる。

死を主として、生を余命と考えると、

寿命が毎日それだけ増えたことになり、

一日の生が感謝となる。

生も死も、共に私である。

「素直さを持つ」

この頃、人間が素直さを持ち続けることが、どんなに大切なことかということが思われてならない。自分自身の生活を振り返ってみても、あらゆることに素直になれない自分が恥ずかしいやら悲しいやらの連続です。自分に言い訳し、つまらない自分と納得させようとしていることに気がつくとき、誰にでもなく自分自身が恥ずかしくなって顔がほてり、心に冷汗をかく思いがする。そんな時、素直になることの難しさをつくづく感じる。